エアライン・グランドスタッフ、通訳・翻訳、ホテル、トラベル、大学編入、アメリカ留学の広島外語専門学校

検索

今は死語になってる“How are you?”

今回はみなさんもよ~く知っている挨拶、“How are you?”を取り上げます。
そんな簡単な挨拶はいいよ、と言う人もいるでしょうが、ちょっとだけお付き合いください。

次はある日本人と、あるネイティブの会話です。

日:Hello. How are you?
ネ:Really good.
日:(あれ?Fine, thank you.じゃないの?)My name is Takashi Tada.
ネ:Wow, you are Samurai!

少し大げさな会話にしましたが、多くのネイティブには次のように聞こえるというのです。
上の会話を日本語でやってみます。

日:こんにちは。ごきげんいかがでござる。
ネ:調子いいよ。
日:拙者(余の名前は)ただたかしなり。
ネ:わあ~、やっぱあんた、さむらいだね。

少し大げさかもしれませんが、これに近い感じに聞こえるそうなんです。
じゃあ、何と言えばいいのって話ですね。

日:Hi! How are you doing?
ネ:Really good.
日:I’m Takashi Tada.
ネ:I’m Joe.

こんな感じですね。
もう“How are you?”は聞かないですね。
私は30数年前にアメリカに留学しましたが、
その頃から挨拶は“How are you doing?”が使われており、
ほとんど“How are you?”は聞こえてきませんでした。
それから、“My name is ~”ですね。
多くの日本人がこれを使っていますが“I’m~”で言うようにしましょう。
あるネイティブはたどたどしい日本語で
My name is~は、い・ま・で・は、し・ご(死語)で~す」
と言っていました(笑)

それから、“I’m fine, thank you.”ですね。
今では“I’m good”がよく使われています。
私は、わざと“I’m better than good”と言ってます。
「最高で~す」という感じでしょうか。

社会も変化しますが、言葉も変化します。
その変化に敏感になりましょう。

参加無料

オープンキャンパス

通常版 4月28日(土)

就職内定実績

  • 横田さん
  • (山口県立岩国商業高校)
  • 内定先:Peach Aviation(株)
  • 職 種:客室乗務員

一覧はこちら

ツイッター

動画で見る

  • 英検対策セミナー
  • 大学編入説明会
  • 短期留学ブログ
  • 英語表現
  • 留学日記

進学ガイダンス情報はこちら

  • 姉妹校
ページの先頭へ戻る