エアライン・グランドスタッフ、通訳・翻訳、ホテル、トラベル、大学編入、アメリカ留学の広島外語専門学校

検索

「カタカナ英語 Vol.1」

みなさんお元気ですか。今月から3回にわたってカタカナ英語を扱います。
私は学生時代カタカナは正しい英語だと思っていました。
たとえばホッチキスです。
アメリカでホッチキスを買おうと思って店員さんにいいました。

U:Do you have a Hotchkiss?
A:Pardon?
U:You know, a Hotchkiss. ガチャッ(これはホッチキスで紙などをとじるジェスチャーをしているところ)
A:Oh, now I understand. You want a stapler.
U:Pardon? Do you call it stapler?

U:ホッチキスありますか。
A:なんですって?
U:ホッチキスです。 ガチャッ(紙を止めるジェスチャーをする)
A:ああ。ステイプラーのことですね。
U:なんですって。それ、ステイプラーっていうんですか。

こんな会話になってしまったわけです。ホッチキスの針は”staple“といいます。
ちなみにホッチキスを発明したのがBenjamin Hotchkissとう人なんですね。
日本人は名前を採用したんですね。
でも世界では”stapler“(ステイプラー)といってますからこちらに呼び方を変えた方がいいと思いますね。

他にもカタカナだけど通じない文房具があります。
・セロテープ”Scotch tape“・・・ただイギリスでは”cello tape“といいます。
・マジックテープ”Velcro“(ベルクロー)・・・べにアクセントをおきます。商品名です。
・カッターナイフ”Utility knife“(ユーティリティナイフ)
・クリップ”Paper clip“・・・必ず”paper“を付けます。

では最後にピンセットはpincetでいいですか。次の会話を見てみましょう。

U:I’d like a pincet.
A:What? Excuse me?
U:A pincet? You know (説明できないので絵を描いて説明)
A:Oh, a tweezer! We have two kinds: tweezers and forcepts.

U:ピンセットください。
A:なんですか。もう一度お願いします。
U:ピンセットです。(絵を描く)
A:ああ。トゥイーザーのことですね。2種類あるんですよ。トゥイーザーとフォーセプトです。

ピンセットというのは実はオランダ語なんですね。

今回のカタカナ英語どうでしたか?
カタカナが正しい英語ならどんなにいいでしょう。そう思いませんか?

では宿題をだしますね。
次のカタカナはそのまま英語にしても通じるでしょうか。

1.シュークリーム 2.アイスキャンディ  3.ソフトクリーム 4.クリームソーダ

答えは11月号で。
ではうんと涼しくなっている11月までSee you.

参加無料

オープンキャンパス

通常版 4月28日(土)

就職内定実績

  • 横田さん
  • (山口県立岩国商業高校)
  • 内定先:Peach Aviation(株)
  • 職 種:客室乗務員

一覧はこちら

ツイッター

動画で見る

  • 英検対策セミナー
  • 大学編入説明会
  • 短期留学ブログ
  • 英語表現
  • 留学日記

進学ガイダンス情報はこちら

  • 姉妹校
ページの先頭へ戻る