エアライン・グランドスタッフ、通訳・翻訳、ホテル、トラベル、大学編入、アメリカ留学の広島外語専門学校

検索

続・野球英語

Vol.22に引き続き野球英語を勉強しましょう。
メジャーリーグのほとんどの試合で7回の攻撃が始まる前に行われるSeventh inning stretchって知ってますか?みんな立ち上がってストレッチをしある歌を歌います。
それがTake me out to the ballgameです。
曲をお聞かせできないのが残念です。たぶん聞いたことがあると思うよ。

Take me out to the ball game
Take me out with the crowd
Buy me some peanuts and Cracker Jack
I don’t care if I ever get back
Le me root, root, root for the home team if they don’t win it’s a shame For it’s one, two, three strikes you’re out At the old ball game

野球の試合に連れてって
大勢の人たちの中に連れてって
ピーナッツとクラッカージャックを買ってよ
帰れなくたってかまわない
ホームチームを応援させて
もしチームが勝てなかったら残念なこと
ワン、ツー、スリーストライク三振だ

アメリカでは球場でピーナッツとクラッカージャックを食べながら観戦します。
クラッカージャックというのはカラメルつきのポップコーンです。みんなもアメリカに行ったら是非食べてみてね。

さあ、フォアボールはなんていうだろうか?four ballsとはいわないよ。
ピッチャーがわざとフォアボールを投げて歩かせたら
The pitcher walked the hitter.というよ。walk the hitterは決まり文句で「歩かせる」ということ。
さらに、
Kuwata gave him a base on balls.
(桑田はフォアボールを与えた)の表現もあるし
Kuwata issued a walk
(桑田はフォアボールを出した)という言い方もあるね。

では敬遠のフォアボールは?It’s an intentional walkといいます。intentionalとは「わざと」「故意の」という意味だよ。

では最後にデッドボールにいってみよう。
「デッドボールをくらいました」と言いたい場合はIt’s a hit-by-pitchというかThe batter was hit by a pitchという表現になるよ。ピッチャーによって球を当てられたということだね。

その他にのクリーンアップバッターというのがあるけど日本では3~5番までの打者をさすよね。
でも英語でHe is the cleanup batterというと「彼は4番打者だ」という意味なんだね。
4番打者は走者を「一掃する」つまりclean upするというところから来ています。

さあ、ちょっとは野球に興味が持てたかな?
テレビの前でイチローを始めとしての日本人slugger(強打者)を応援しよう。できれば英語の野球中継も聞いてみて!

9月には日常生活に役に立つ表現をご披露しますね。乞うご期待!
では食欲の秋までSee you and take it easy.

参加無料

オープンキャンパス

通常版 4月28日(土)

就職内定実績

  • 横田さん
  • (山口県立岩国商業高校)
  • 内定先:Peach Aviation(株)
  • 職 種:客室乗務員

一覧はこちら

ツイッター

動画で見る

  • 英検対策セミナー
  • 大学編入説明会
  • 短期留学ブログ
  • 英語表現
  • 留学日記

進学ガイダンス情報はこちら

  • 姉妹校
ページの先頭へ戻る