HCFLHIROSHIMA COLLEGE OF FOREIGN LANGUAGESHCFLHIROSHIMA COLLEGE OF FOREIGN LANGUAGES

高等教育無償化の対象校

高等教育の修学支援新制度について

制度の概要

高等教育の修学支援新制度とは、入学金・授業料の免除または減額(授業料等減免)給付型奨学金の支給の2つの支援により、大学や専門学校などで安心して学んでいただくための制度です。
本校は、「高等教育の修学支援新制度」の対象校として認定されています。

入学金・授業料の免除/減額+給付型奨学金の支給

対象

  • ・高等学校等を卒業後2年以内に入学される方(その他の方は、文部科学省ホームページをご確認ください)
  • ・住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の方

どのくらいの収入の世帯が対象となるか、どのくらいの給付型奨学金が受けられるのかは、日本学生支援機構
(JASSO)ホームページでシミュレーションすることができます。

支援金額<本校の場合>

支援金額<本校の場合>支援金額<本校の場合>

支援区分は、世帯収入に応じて3段階に設定されています。

両親・本人(18歳)・中学生(15歳)の家族4人世帯の場合の年収の目安

第Ⅰ区分…約270万円
第Ⅱ区分…約300万円
第Ⅲ区分…約380万円

年収の目安は本人の年齢や家族構成等によって異なるため、進学資金シミュレーターでご確認ください。

  • ※授業料等減免の対象は、入学金・授業料のみとなります。(諸費用、学園寮・学園マンション費用等は対象外)
  • ※入学選考における特待生採用等すでに授業料の免除がある場合、免除された金額に対して授業料等減免は支援されます。
  • ※自宅外通学とは、家賃が発生することが原則となります。そのため、本校の「遠方入学生特典制度(寮費免除)」に認定
    された入寮決定者は、「自宅通学者」とみなされます。
  • ※学力・家計基準に基づき、期中に支援区分の見直しが実施されます。

申請手続きの流れ

  • 2021年4月下旬〜給付型奨学金の申込み

    在籍中の高等学校等を通じて日本学生支援機構(JASSO)へ給付型奨学金を申請申請期間は学校により異なります。各自、高等学校等の担当窓口にご確認ください。

  • 10月1日〜

    本校にて出願受付開始インターネット出願登録の際に、申請状況の確認項目があります。申請者は、必ず「給付型奨学金に申請している」と登録してください。採否結果判明まで入学金等の納入期日を延長します。

  • 12月頃採否結果判明

    日本学生支援機構より給付型奨学金の採否結果通知≪採用の方≫  入学手続き時に、本校へ「採用候補者決定通知[進学先提出用]」を提出してください。その際、「授業料等減免の認定に関する申請書」を提出することで文部科学省の授業料等減免の支援も受けられます。詳細は本校に合格後ご案内します。
    ※入学手続き時に、入学金・授業料第Ⅰ期の納入は不要です。(入学後に正式な授業料等減免額を算出し、納入金額・期限等をご案内します。)

    ≪不採用の方≫ 入学金・授業料第Ⅰ期を指定期日までに納入してください。

  • 2022年4月〜5月

    本校へ入学後に進学届を提出、日本学生支援機構より給付型奨学金の支援開始

制度について最新情報や詳細は下記ホームページをご確認ください。