エアライン・グランドスタッフ、通訳・翻訳、ホテル、トラベル、大学編入、アメリカ留学の広島外語専門学校

検索

I’ve got to nail it.「バッチリ決めないとね」

今回はI’ve got to nail it.「バッチリ決めないとね」を取り上げます。
この英語表現では、“nail”という単語が身近なツメという意味とは別の使われ方をしますよ。
さっそく以下の会話を見てみましょう。

A: Hi, Bob. What’s up?
B: Hi, Yoko. Tomorrow is a big day. I’ll join the National High School Gymnastic Championship.
A: Wow. Good luck.
B: Yeah. I need it. I’ve got to nail it.
A: やあ、ボブ。どうかした?
B: やあ、ヨウコ。明日はとても重要な日なんだ。全国高校体操競技の決勝に出るんだ。
A: わあ!それなら頑張ってね。
B: うん。頑張るよ。バッチリ決めないとね。

“nail”という単語からは、爪をイメージする方が大半かもしれません。
実はnailは釘(くぎ)のことも表します。
釘(くぎ)で物が動かないようにすることから、「ばっちり決める」という使い方ができます。
この表現は何にでも使えますよ。オーディションを受けたりする時などにも使えますね。

上の会話で“Good luck.”と言われて“I need it.”と答えています。
これは、「その通りに幸運が必要だ」ということで、よく使います。
みなさんも“Good luck.”と言われたら、“I need it.”と答えてみましょう。

参加無料

オープンキャンパス

通常版 1月20日(土)

就職内定実績

  • 淺野さん
  • (愛媛県立三瓶高校)
  • 内定先:西鉄エアサービス(株)
  • 職 種:JALグランドスタッフ

一覧はこちら

ツイッター

動画で見る

  • 英検対策セミナー
  • 大学編入説明会
  • 短期留学ブログ
  • 英語表現
  • 留学日記

進学ガイダンス情報はこちら

  • 姉妹校
ページの先頭へ戻る