エアライン・グランドスタッフ、通訳・翻訳、ホテル、トラベル、大学編入、アメリカ留学の広島外語専門学校

検索

「人を説明するときの色々な表現」 その②

10月になりました。涼しくなりましたね。
英語に集中して勉強しましょう。

今回は人を説明する表現です。

A: What do you think of Beth and Katie?
B: Beth is a gem and Ketie is spacey.
A: I think Beth is a character and Katie is happy-go-lucky.
B: I agree!

A:べスとケイティをどう思う?
B:べスはほんとうにいい人でケイティは夢みたいなことを考えてるよね。
A:思うけど、べスはおもしろく、ケイティは能天気だよね。
B:まったくその通り。

まずはgem(ジェム)から。これは宝石という意味で、ほんとうに人がいいという時に使います。
spaceyというのは、宇宙空間を気持ちよくさまよっているように何かぼーとして夢心地を表してます。
characterをこのように使うと「面白い人」「楽しい人」の意味なります。
漫画のキャラクターの意味では使いません。個性的という意味でもありません。
happy-go-luckyは、のん気で気楽なヤツということでよく使われます。

では次の会話をみていきましょう。

A: How are you getting along with your boss?
B: He is demanding
A: Too bad. How about your colleague, Tom?
B: Give him an inch, and he’ll take a mile.

A:君の上司とはうまくいってる?
B:一緒にいると疲れるんです。
A:それは気の毒だね。同僚のトムは?
B:甘い顔をすれば、すぐにつけこんでくる奴でして。

まずはdemandingですね。直訳は「要求が多い人」となり一緒にいると疲れるという意味でよく使われます。
最後のgive him an inch, and he’ll take a mileはわかりづらいと思います。
直訳すると「彼に1インチやりなさい。
そうすれば彼は1マイルを取る」1インチは約2.5センチ。1マイルは約1.6キロ。
意訳したように「甘い顔をするとすぐにつけこんでくる人」なります。
2.5センチしかやらなかったのに、1.6キロも持っていく人ですからとんでもない人ですよね。

今回の講義はどうでしたか。たくさんの表現が出てきましたので1つ1つ覚えるようにしていってください。
では紅葉が見ごろな11月にお会いしましょう。

参加無料

オープンキャンパス

通常版 1月20日(土)

就職内定実績

  • 淺野さん
  • (愛媛県立三瓶高校)
  • 内定先:西鉄エアサービス(株)
  • 職 種:JALグランドスタッフ

一覧はこちら

ツイッター

動画で見る

  • 英検対策セミナー
  • 大学編入説明会
  • 短期留学ブログ
  • 英語表現
  • 留学日記

進学ガイダンス情報はこちら

  • 姉妹校
ページの先頭へ戻る