エアライン・グランドスタッフ、通訳・翻訳、ホテル、トラベル、大学編入、アメリカ留学の広島外語専門学校

検索

「Somethingをつかって”何となくそんな気が”を表現する」

みなさん。お元気ですか。10月になって朝・夕が少し涼しくなりましたね。
今回はsomething をつかっての表現を見ていきます。まずは次の会話から。

A: Something tells me that she is going to get married.
B: How come cay you say that?
A: Because she is getting prettier day by day.
B: I feel the same way.

A:彼女結婚するんじゃないかと思うんだけど。
B:どうしてそういうこと言えるの?
A:だって日に日にかわいくなってるじゃない。
B:そうだね。

このsomething tells meがポイントです。
直訳すると「何かが私に告げている」ということです。
つまり、「なんとなくこう思う。なんとなくそういう気がする」と言いたい時にぴったりの表現です。
How come~whyの口語表現ですね。
I feel the same wayもこのまま覚えましょう。
相手に同意するときの表現です。

次の会話を見ていきましょう。

A: Since you are busy, so I’ll get right to it.
B: Shoot.
A: You have what it takes to be a professional dancer.
B: Really? Why do you think so?
A: Something tells me that.

A:あなた忙しいから単刀直入に言うよ。
B:どうぞ。
A:あなたプロのダンサーになれる素質あるよ。
B:ほんとに?どうしてそう思うの?
A:何となくね。

Something tells meはすでに説明しましたのでその他の表現を解説しますね。
まずはI’ll get right to itです。これは「ズバリ言う」という意味で使います。rightは強調ですがこのまま覚えましょう。
shootは「撃て」という意味ですが、「遠慮なくどうぞ」と相手の質問や意見を促すときに使います。それからyou have what it takes to~は便利な表現です。
「~する器がある」「~する素質がある」という意味です。
「私しって宇宙飛行士になれる素質があると思う」を英語にするとI think I’ve got what it takes to be an astronaut.ですね。
haveは口語ではhave gotになります。宇宙飛行を意味するastronautを覚えましょう。

今回はSomething tells me~を扱いました。
「何となくそういう気がする」という時に使用しますが、少しでも何かそう思う根拠がある場合に使用しますので理由がその後続くことがあります。いやな予感。いい予感。両方ともに使える表現です。

では次は11月ですね。全国的に紅葉が始まる季節ですね。
それまで風邪などひかずに元気よく英語を勉強してください。

参加無料

オープンキャンパス

通常版 1月20日(土)

就職内定実績

  • 淺野さん
  • (愛媛県立三瓶高校)
  • 内定先:西鉄エアサービス(株)
  • 職 種:JALグランドスタッフ

一覧はこちら

ツイッター

動画で見る

  • 英検対策セミナー
  • 大学編入説明会
  • 短期留学ブログ
  • 英語表現
  • 留学日記

進学ガイダンス情報はこちら

  • 姉妹校
ページの先頭へ戻る