エアライン・グランドスタッフ、通訳・翻訳、ホテル、トラベル、大学編入、アメリカ留学の広島外語専門学校

検索

「getした分giveするとは?」

もうすぐ9月になりますが暑い日が続きますね。
体調管理と水分補給は怠らないようにしてくださいね。
では今回の表現です。

A: Hi Diana! What’ve you been up to?
B: The paparazzi are a pain in the neck.
A: You are very famous, so they are chasing you.
B: I’ll give as good as I get.

A:ダイアナ。最近調子どう?
B:あのパパラッチがどうしようもないのよ。
A:あなた有名だから追っかけられるのよ。
B:彼らにはたっぷりお返しするわよ。

解説です。
上記英文は英国のダイアナ妃がパパラッチにうんざりして状況で語ったとされる会話から作りました。実際にパパラッチに追いかけられ1997年8月31日に事故で亡くなりました。
getした分をたっぷりgiveするとは、たっぷりお返しをする、仕返しをするということなのです。
この辺が理解できると一歩ネイティブに近づきますよ。

それからwhat have you been up to?も覚えて使いましょう。

「最近調子どう?」と聞くときにぴったりの表現です。「別に」といいたいときはNothing muchなどどいいます。
それから日本語でいうパパラッチですが英語ではpaparazziと表現し、これで複数形なのです。単数形はpaparazzoと形が変わります。
a pain in the neckですがこれは「うざい」に近いです。「あの人ってうざいよね」と言いたければHe is a pain in the neckといいます。
これは面と向かって使わないようにしましょう。

次の会話です。

A: What do you think of Joe?
B: He’s OK, but he’s pretty uptight when he gets off work.
A: I remember Joe’s brother Sam saying he is impossible.
B: Oh. He must be a I-give-as-good-as-I-get type.

A:ジョーをどう思う?
B:まあまあじゃない。でも仕事が終わると相当ぴりぴりしてるよ。
A:そういえばジョーの兄さんのサムがどうしようもない奴だと言ってたね。
B:じゃ、たっぷり仕返しするタイプかもね。

解説です。
uptightは「ぴりぴりして」という形容詞。get off workで「仕事を終える」という意味です。
impossibleは通常、人には使えませんが、このように使うと「どうしようもない人」という意味になります。
I give as good as I getをこのようにハイフンでつなぐことで形容詞として使えるのです。便利ですね。

次回は涼しくなっている10月ですね。暑い日が続く思います。体調管理には注意してしっかり勉強していきましょう。

参加無料

オープンキャンパス

通常版 1月20日(土)

就職内定実績

  • 淺野さん
  • (愛媛県立三瓶高校)
  • 内定先:西鉄エアサービス(株)
  • 職 種:JALグランドスタッフ

一覧はこちら

ツイッター

動画で見る

  • 英検対策セミナー
  • 大学編入説明会
  • 短期留学ブログ
  • 英語表現
  • 留学日記

進学ガイダンス情報はこちら

  • 姉妹校
ページの先頭へ戻る