エアライン・グランドスタッフ、通訳・翻訳、ホテル、トラベル、大学編入、アメリカ留学の広島外語専門学校

検索

「喉にカエルが?!」

4月になりました。風が暖かくなり気持ちいいですね。
花粉症の人いませんか?私も花粉症でどうも喉がいがらっぽくて声がしわがれて風邪を引いたときのようになります。
すると先日もネイティブから次のように言われました。

A: Hey, you have a frog in your throat.
B: I do. I have hay fever.

「声がかれているけど。」
「そうなんだ。花粉症でね」

どうですか。おもしろい表現ですね。直訳すると「あなたの喉にカエルがいる」ということですが声がしわがれ状態を表現するときにぴったりです。
アメリカでよく聞かれる表現です。

次の会話を見てみましょう。

A: Uh, I seem to have a frog in my throat.
B: Oh, do you? Then get it out!

「え~。どうも声がかれてるな。(どうも喉にカエルがいるみたい)」
「あら。そうなの。じゃ、そのカエルを追い出したら」

と、ジョークにもなりますね。
声がかれている状態になっていたらhave a frog in one’s throatを使ってみてください。
風邪をひいたり、喉を使いすぎるとそうなりますよね。
相手がそうなっていたらYou have a frog in your throatと言ってみましょう。

最後に問題です。
ある日本人が I ate corns today. と言ったらネイティブが驚いていました。
「今日、コーンを食べました」というつもりだったのでしょう。
でも通じていませんでした。どうしてでしょう。
答えは5月号で!

参加無料

オープンキャンパス

通常版 1月20日(土)

就職内定実績

  • 淺野さん
  • (愛媛県立三瓶高校)
  • 内定先:西鉄エアサービス(株)
  • 職 種:JALグランドスタッフ

一覧はこちら

ツイッター

動画で見る

  • 英検対策セミナー
  • 大学編入説明会
  • 短期留学ブログ
  • 英語表現
  • 留学日記

進学ガイダンス情報はこちら

  • 姉妹校
ページの先頭へ戻る