エアライン・グランドスタッフ、通訳・翻訳、ホテル、トラベル、大学編入、アメリカ留学の広島外語専門学校

検索

「だから言ったじゃない!」

3月になりましたね。少しは暖かくなった気がしますが寒いですね。
ではまず次の会話を見ていきましょう。

A:I got drenched to the skin.
B: Told you.
A: I should’ve taken an umbrella.

A:ずぶ濡れだよ。
B:だから言ったでしょう。
A:傘、持っていけばよかった。

ここでのポイントは told you です。主語がないですね。
親しい間柄での会話では主語を省くことができます。
I told you がちゃんとした英語ですが を省いて言っています。
「私はあなたに告げた」が直訳ですが「だから言ったでしょ。私の忠告に従わなかったあなたが悪い」というニュアンスがあります。
最後の should +have+ 過去分詞は「~すべきだったのにしなかった」ことを意味します。
次の会話でも使われていますよ。

A: I overslept. My alarm clock didn’t go off.
B: Told you. You should’ve check the batteries.
A: Yeah. They are dead.

A:寝過ごしたよ。目覚ましが鳴らなかったんだ。
B:だから言ったでしょ。電池を確かめなさいって。
A:そうだね。電池がなくなってた。

ここでも told you がこういう風に使われています。
目覚ましが鳴るというときは go off を使います。
また電池切れのときは the batteries are dead という表現にします。dead を使うのは面白いですね。

Told you と言われないようにしっかり試験勉強してくださいね。
では桜咲く4月にお会いしましょう。

参加無料

オープンキャンパス

通常版 1月20日(土)

就職内定実績

  • 淺野さん
  • (愛媛県立三瓶高校)
  • 内定先:西鉄エアサービス(株)
  • 職 種:JALグランドスタッフ

一覧はこちら

ツイッター

動画で見る

  • 英検対策セミナー
  • 大学編入説明会
  • 短期留学ブログ
  • 英語表現
  • 留学日記

進学ガイダンス情報はこちら

  • 姉妹校
ページの先頭へ戻る