エアライン・グランドスタッフ、通訳・翻訳、ホテル、トラベル、大学編入、アメリカ留学の広島外語専門学校

検索

「ring a bellの意味は?」

さあ、2010年になりました。みなさんの今年の目標は何でしょうか。
まずはPeter F.Druckerの言葉からはじめます。

Time is the scarest resource, and unless it is managed, nothing else can be managed.
「時間は最も乏しい資源であり、それが管理できなれければ他の何事も管理することはできない。」

(ドラッカーはアメリカの敬学者、経営コンサルタント。オーストリア生まれ。フランクフルト大学で法学博士。1933年にロンドンに移住し、経営評論家となる。1943年アメリカに帰化。学者兼経営コンサルタントとして活躍。)

時間を大切に使っていますか?
時間管理ができればすべてが成功するといってもいいです。

さて、今月は”ring a bell“です。「ベルが鳴る」という意味ではないですよ。
次の会話をみてみましょう。

Teacher: He emancipated slaves. Ring a bell?
Pupil A: It’s a tip of my tongue.  He is…….
Pupil B: (早くベルがならないかなあ)。。。。。

先生が「彼は奴隷を解放した人です。思い当たる人いないかな?」と聞いています。
生徒Aは「ここまで出かかっているんだけど。え〜と。名前は。。。。」
生徒Bは日本人らしくring a bellと聞いて「早く授業が終わってほしい」と思ったのです。

この”rign a bell “というのは授業で先生がよく使います。
昨年、Hawaii Pacific Universityで研修を受けていたときです。
先生が「先週、これを扱ったよね。思い当たる人は?」というつもりで”Ring a bell?“といっていました。
これは”Does it (that) reng a bell?“を短くして言ったものです。

ではもう1つ見ていきましょう。

A: See what I’m mimicking?
B: I don’t get it.
A: I’m mimicking Mr.Ueda.
B: That doesn’t ring a bell.

A:誰のまねしてるかわかる?
B:わからないよ。
A:植田先生のまねなんだけど。
B:ピンとこないなあ。

mimick“とは姿・形をまねるという意味です。
どうでしたか?「思い当ることは?」「ピンと来た?」といいたいときは”Ring a bell?“といいましょう。
ここで注意です。”ring the bell“とはいいません。

a“と”the” の違いは大きいです。
ring the bell“とは「成功する・うまくいく」という意味になります。

では次回はさむ~い2月ですね。
それまでTake it easy!

参加無料

オープンキャンパス

通常版 1月20日(土)

就職内定実績

  • 淺野さん
  • (愛媛県立三瓶高校)
  • 内定先:西鉄エアサービス(株)
  • 職 種:JALグランドスタッフ

一覧はこちら

ツイッター

動画で見る

  • 英検対策セミナー
  • 大学編入説明会
  • 短期留学ブログ
  • 英語表現
  • 留学日記

進学ガイダンス情報はこちら

  • 姉妹校
ページの先頭へ戻る