エアライン・グランドスタッフ、通訳・翻訳、ホテル、トラベル、大学編入、アメリカ留学の広島外語専門学校

検索

「Frenchの意外な意味」

今日から9月に入りました。朝晩は涼しく秋らしくなりましたが日中はまだまだ暑いですね。
今回も元気を出して英語を勉強していきましょう。
今回はFrenchを取り上げます。次の会話を見ていきましょう。

A: Shit! Damn it!
B: What’s wrong? Your language!
A: Oh, pardon my French, but this looks like shit.

このpardon my Frenchがここでは問題です。意味わかりますか?
え?「私のフランス語を許して」ですか。違います。
「汚い言葉を使ってごめんなさい」という意味なんですね。
上記で使われているshit, damn itは汚い言葉です。
みなさんは絶対に使わないでください。もし汚い言葉をうっかり使ったらPadon my Frenchと言ってください。

上の会話の意味は、

A:クソッ、チクショウ。
B:どうしたの?その言葉使い!
A:あっ、ごめん。汚い言葉使っちゃって。でもくそったれっていう感じなんだ。

Pardon my Englishといったら「自分の英語が駄目なので許してください」という意味にしかなりません。

その他にもFrenchを使ったフレーズをいくつかご紹介しましょう。
1. French Fries:フライドポテト(これはよく知ってますね。friesと常に複数形です)
2. French leave:無断退出(take French leaveで、こっそり抜け出す、という意味)
3. French kiss:ディープキス
4. French letter:別名condomともいいます。

みなさんの多くがいわゆるスラング表現に興味があると思いますが、それを使うT.P.Oに気をつけてくださいね。
確信が持てないスラングは絶対に使わないでください。
ですから今回の表現Pardon my Frenchは使わないに越したことはないですね。
ではまた次回までSee you!!

参加無料

オープンキャンパス

通常版 1月20日(土)

就職内定実績

  • 淺野さん
  • (愛媛県立三瓶高校)
  • 内定先:西鉄エアサービス(株)
  • 職 種:JALグランドスタッフ

一覧はこちら

ツイッター

動画で見る

  • 英検対策セミナー
  • 大学編入説明会
  • 短期留学ブログ
  • 英語表現
  • 留学日記

進学ガイダンス情報はこちら

  • 姉妹校
ページの先頭へ戻る