エアライン・グランドスタッフ、通訳・翻訳、ホテル、トラベル、大学編入、アメリカ留学の広島外語専門学校

検索

「ぱーといこう!Partyの色々」

2月になりぐーんと寒くなりましたね。
さて、今回は色んなパーティを扱います。
みなさんも時々ぱっとはしゃぎたい気分になりますよね。
気のおけない仲間が集まってのパーティは楽しいですよね。
まずは次の会話を見てみましょう。

A:I’m throwing a party this coming Saturday. Would you like to come?
B:Why not! What should I bring?
A:Just bring yourself. Let’s party!

まずは”throw a party“を覚えましょう。これは「パーティをしよう」、という意味です。
他にも”have a party” “give a party“と使えます。
日本では「パーティを開く」という表現をしますが”open a party”という英語はありませんから気をつけてくださいね。

Bさんが「何か持っていこうか?」と聞いたらAさんが”Just bring yourself“と言ってますね。
これは日本語で「てぶらで来て」という意味になります。
よく使うのでみなさんも覚えて使ってください。
それから”why not“は「いいとも」「是非!」というくらいの日本語ですね。
最後に”Let’s party“と”party“を動詞で使っているところに注意です。名詞ではないですよ。辞書で確かめてくださいね。「ぱーといこう」という意味です。

アメリカでは色々なパーティがあります。
日本ではなじみのないものをご紹介しましょう。

1.House warming
家を暖めるパーティではないですよ。引っ越してきたり、家を新築したときなどに行うパーティなんです。呼ばれたら、通常は何かプレゼントを持参します。

2.Wedding shower
結婚式でシャワーをあびるわけではないですよ。もうすぐ結婚する仲間を囲んで祝うパーティです。通常は女性だけです。Bridal showerともいいます。

3.Bachelor’s party
こちらは男性だけです。結婚直前の婿殿を囲んでのドンチャン騒ぎ。Stag partyともいいます。

4.Baby shower
赤ちゃんをシャワー室に連れ込んできれいにすることではないですよ。出産間近の友人を囲んでのパーティです。赤ちゃん用の服やオモチャなどをプレゼントします。

今回は、パーティに関しての表現を学び、アメリカでは様々なパーティがあることも学びましたね。
今度アメリカ映画を見るときは上記で学んだことを頭に入れて見てください。
「ああやってhouse warming partyをするんだ」とか「ああ、あれがbaby showerなんだな」と深く理解できると思います。

では、他の人の迷惑にならないようにパーティを楽しんでくださいね。
次は3月です。まだ寒いでしょうね。
Take it easy! See you soon!

参加無料

オープンキャンパス

通常版 1月20日(土)

就職内定実績

  • 淺野さん
  • (愛媛県立三瓶高校)
  • 内定先:西鉄エアサービス(株)
  • 職 種:JALグランドスタッフ

一覧はこちら

ツイッター

動画で見る

  • 英検対策セミナー
  • 大学編入説明会
  • 短期留学ブログ
  • 英語表現
  • 留学日記

進学ガイダンス情報はこちら

  • 姉妹校
ページの先頭へ戻る