エアライン・グランドスタッフ、通訳・翻訳、ホテル、トラベル、大学編入、アメリカ留学の広島外語専門学校

検索

『Greenもいろいろ』

随分温かくなりましたね。梅雨の季節でもあります。
今回は色について学んでみましょう。
みなさんは何色が好きですか。青、黄色、赤、緑とほんとにいろいろありますね。
そこで今回はGreenについて学んでいきましょう。

A: Hi, Joe. How are you doing?
B: Pretty good. How is the new recruit doing in the project?
A: He is too green to do it.

A:「ハイ。ジョー。調子どう?」
B:「絶好調さ。例のプロジェクトでの新入社員はどんな感じ?」
A:「任せるにはまだまだだね」

He is too green を「まだまだ」と訳しましたが別の表現を使うと「くちばしが黄色い」ということです。
この日本語は雛のくちばしが黄色であることからきていて、年若く経験が足りない、未熟であることを意味します。
多くの人が未熟な人を「青い」といいますが英語的発想は「緑」になるわけです。

もうひとつ別のgreenの使い方があります。

A: Hey, take a look at him. He is staring at the couple.
B: He looks weird. He’s got a green eye.
A: Now I know. She gave the guy the cold shoulder.

A:「ねえ。彼を見て。あそこのカップルをじっと見てるよ。」
B:「気味悪いよね。嫉妬の目をしてるよ」
A:「わかったわ。彼女があの人を振ったのよ」

この状況はよくないですがgreenというのが「嫉妬」の意味を持っていることを学んでください。
緑色の目といのは嫉妬の目なんですね。
ちょっと他の言葉の解説しますね。take a look at~で、~を見るです。
これはlookを名詞として使ってます。
stareという動詞は「じっと見つめる」という意味。
weiredは「気味悪い」という形容詞です。
またgive~the cold shoulderで「~を振る」「冷たくあしらう」という意味です。
彼女から振られた。というのはI got the cold shoulder from her. となります。

He is as green as grass.というと「彼は世間知らず」という意味になり
He turned green.といったら「彼は急に気持ち悪くなった」になり
Color me green.といったら「うらやましい!」という意味になります。

どうでしたか?
Greenを色んな角度から見てきましたが勉強になったでしょうか。
最後にアメリカのお札をgreen backといいます。
米ドル紙幣の裏をみると緑色してますね。そこから来てます。
機会があればドル紙幣を見てくださいね。

では暑い7月にお会いしましょう。

参加無料

オープンキャンパス

通常版 1月20日(土)

就職内定実績

  • 淺野さん
  • (愛媛県立三瓶高校)
  • 内定先:西鉄エアサービス(株)
  • 職 種:JALグランドスタッフ

一覧はこちら

ツイッター

動画で見る

  • 英検対策セミナー
  • 大学編入説明会
  • 短期留学ブログ
  • 英語表現
  • 留学日記

進学ガイダンス情報はこちら

  • 姉妹校
ページの先頭へ戻る