エアライン・グランドスタッフ、通訳・翻訳、ホテル、トラベル、大学編入、アメリカ留学の広島外語専門学校

検索

『知らないではすみません!』

ほんとうに暖かくなりましたね。
心機一転の5月です。 これから1年間、また楽しく英語を学んでいきましょう。
さあ、今回は知らないではすまない表現を扱ってみましょう。

A: Hi, Joe. How are you doing?
B: Couldn’t be better. Do you know where my glasses are?
A: Beats me!

「やあ、ジョー。調子どう?」
「絶好調さ!あの~、僕のメガネ知らない?」
「さあね。わかんないよ。」

最後のBeats meが「知らない。さあね。」と言う意味になります。
絶対に「私をぶって」と取らないようにしましょう。
ほんとうはIt beats me.となるのですが日常会話ではItが落ちBeats meだけになってます。
それから前に扱った絶好調を表すcouldn’t be betterも覚えましょう。
これもI が落ちた形です。

では次の会話です。

A: Do you understand this riddle?
B: Let’s see. Too difficult. Where did you get it?
A: I got it from Mary.
B: Oh my. Got me stumped.

「このなぞなぞわかる?」
「どれどれ。むずかしすぎるよ。どこで仕入れたの?」
「メアリーが教えてくれたんだ。」
「駄目だ。わからないよ。まいった。」

最後のgot me stumpedが「わからない。困った。駄目だ。」の意味を表現です。
これもIt got me stumped.となりますがItを落としてよく使います。
stump というのは 「困らせる」という意味です。必ずstumpededをつけて用いてください。

この他にも「知らない」という表現を表すのにSearch meというのがあります。
これも「私を探して」と取らないようにしてくださいね。

この4月からみなさんは進級されたと思いますがコツコツと英語の勉強は続けてください。
コツコツが勝つコツです。英語ではSlow but steady wins the race.といいます。
Never, never, never, never give up!

参加無料

オープンキャンパス

通常版 1月20日(土)

就職内定実績

  • 淺野さん
  • (愛媛県立三瓶高校)
  • 内定先:西鉄エアサービス(株)
  • 職 種:JALグランドスタッフ

一覧はこちら

ツイッター

動画で見る

  • 英検対策セミナー
  • 大学編入説明会
  • 短期留学ブログ
  • 英語表現
  • 留学日記

進学ガイダンス情報はこちら

  • 姉妹校
ページの先頭へ戻る