エアライン・グランドスタッフ、通訳・翻訳、ホテル、トラベル、大学編入、アメリカ留学の広島外語専門学校

検索

「allow」「allowance」

みなさん、こんにちは。お元気ですか?
8月はほんとうに暑かったですね。広島以外で気温が40度を越す所もありましたね。

今回はallowを扱います。誰ですかアロウと発音している人は?
私は英検の2次試験委員をしていますがこのallow(アラウ)をアロウと発音している人をたくさん見かけます。注意しましょう。
allowは「許す」という意味をすぐ思いつきますね。

Allow me to introduce myself. (自己紹介をさせていただきます)
Allow me to pay. (支払いさせてください)

いずれも丁寧ですね。次の英文は公園の掲示で見かけます。

No pets allowed in picnic area. (公園内にペットを入れないこと)

次のallowの使い方を知っていると便利ですよ。もちろん英検などにもよく出題されています。

1. We have to allow two hours for getting to the airport.
2. Please allow about a week for delivery.

さあどんな意味になりますか?

1は「空港に着くまで2時間は見ておく必要がある」
2は「配達に約1週間かかると思っておいてください」

ということで「(時間・費用など)を見越しえおくという意味のallowですね。

では最後にallowの名詞形allowanceをご紹介します。
発音はアローワンスじゃないですよ。
アラーワンスですから何度も発音練習をしてくださいね。

allowの名詞はallowanceだと知っていた人もいるでしょうがこれは「おこづかい」という意味を持っているんです。知ってましたか?
weekly allowanceといえば毎週のおこづかいということですね。
allowを使って次のように表現することもできます。

How much does your mother allow you a month?
「お母さんから毎月いくらおこづかいもらってる?」

という意味ですね。

最後に英語なぞなぞを1つ。
What is always running but never gets anywhere?
「いつも走っているがどこへも到達しないものは何?」

答えは来月です。それまでstay in shape!

参加無料

オープンキャンパス

通常版 1月20日(土)

就職内定実績

  • 淺野さん
  • (愛媛県立三瓶高校)
  • 内定先:西鉄エアサービス(株)
  • 職 種:JALグランドスタッフ

一覧はこちら

ツイッター

動画で見る

  • 英検対策セミナー
  • 大学編入説明会
  • 短期留学ブログ
  • 英語表現
  • 留学日記

進学ガイダンス情報はこちら

  • 姉妹校
ページの先頭へ戻る